Links

プロジェクトのゴールとマイルストーンを見直す

この記事の内容はプロジェクトスプリントにおける「プログレスドメイン」にあたります。
プロセスは定期開催のミーティングとそこでのアジェンダの議論を軸としたプロジェクトスプリント固有の仕組みです。この仕組みを通じてプロジェクトの進捗状況の共有、プロジェクトの進め方の継続的な改善・プロジェクトのゴールに向けたマイルストーンの見直しや互いのロールの確認をすることができるようになります。
この記事では、プロジェクトのゴールとマイルストーンの見直しについて解説します。

マイルストーンの見直し

プロジェクトのゴールとマイルストーンを設定するでも述べたように、マイルストーンやプロジェクトのゴールは変えてもよいものです。プロジェクトを取り巻く環境の変化や実際にタスクをこなしていくなかでわかってきたことを踏まえて、マイルストーンやゴールはプロジェクト中にいつでも変更が可能です。
マイルストーンの見直しをするべきタイミングは、次のようなときです。
  1. 1.
    あるマイルストーンが達成されたとき
  2. 2.
    あるマイルストーンが予定通りに達成されないことが明らかになったとき(予定よりも遅い場合、早い場合のいずれも含む)
  3. 3.
    プロジェクトのゴールに対してあるマイルストーンが適切ではないことが明らかになったとき
  4. 4.
    プロジェクトのゴールが変わったためマイルストーンも変える必要が出てきたとき
  5. 5.
    その他何らかの理由でチームメンバーがマイルストーンを見直したほうがよいと考えたとき

プロジェクトゴールの見直し

プロジェクトのゴールの見直しをするべきタイミングは、次のようなときです。
  1. 1.
    プロジェクトが進行した結果プロジェクトのゴールそのものを見直したほうが良いことが分かったとき
  2. 2.
    マイルストーンが予定通りに達成されなかった結果、プロジェクトのゴールを見直したほうが良いことがわかったとき
  3. 3.
    その他何らかの理由でチームメンバーがプロジェクトのゴールを見直したほうがよいと考えたとき
マイルストーンやプロジェクトのゴールの見直しの実施についてもミーティングのアジェンダアイテムとなるため、事前にアジェンダアイテムの提出を行う必要があります。
マイルストーンを変更する際には、変更の前後を並べて見せるなど、その差分を明確にし、積極的に共有するようにしてください。これは、「知らない間にマイルストーンが変わっていた」と感じるメンバーが出てきてしまわないようにするためです。マイルストーンはプロジェクトにおけるあらゆる場面で参照され、チームメンバーにとって指針となるべきものです。そのため、変更後のマイルストーンにもチームメンバー全員が確実に納得できている状態をつくってください。
このページと関係するTips
最終更新 1mo ago