Links

Project Sprint (Ja)

Version 4

v4では、Project Sprint がこれまでも重視してきた「作成物を生む」という行為により重点を置き、プロジェクトを「出力」と「成果」の関係から捉えなおしました。このことにより、以下のような効果を期待しています。
  • 作成物を小さく確実に生み出し続けることを重視することで、プロジェクトの推進と最適化がよりスムーズに行えるようになる
  • 出力を成果との1対1の対応関係から解き放ち、より幅広く価値を生み出すことができるようにする
  • 予測型・適応型両方のプロジェクトに対応できるようになる
  • プロジェクトをよりチームメンバー全員のものとして捉えることができるようになる

Version 3

Version 2

最終更新 1mo ago