検索…
⌃K

TOP

Project Sprint とは

Project Sprint は、定例会議を活用したプロジェクト推進のためのフレームワークです。本ドキュメントは、Project Sprint をオープンソースのメソッドとして公開しているものです。
Project Sprint 及び本ドキュメントは、2020年のリリース以降大小さまざまなアップデートを繰り返し、今現在も進化し続けています。
▼現在の最新ドキュメント Project Sprint (v4.0)

こんな方におすすめ

Project Sprint は、「チームがプロジェクトを規定する」という新たな価値観に基づいて構築されています。もしあなたが、従来の価値観によるプロジェクトの固定的な枠組みの中で何らかの不自由さを感じているのなら、Project Sprint はあなたをそこから解放する手助けができるかもしれません。
  • チームが主体として自由にプロジェクトを規定しつづけられるという価値観に共感する
  • 従来の予測型のプロジェクトにおける管理的・中央集権的なアプローチがうまくいっていない
  • 今までの自分のプロジェクトの進め方に迷いがあり、もっとよいやり方がないだろうかと悩んでいる
そんな方はぜひ一度、Project Sprint がご案内する適応型のプロジェクトの世界へ飛び込んでみませんか?
※Project Sprint におけるプロジェクトの捉え方について、さらに詳しくはこちらをご覧ください。

はじめての方へ

本ドキュメントは、個々のプロジェクトチームの自律性や創造性の発揮を支援するための本質的な概念や価値観に重点を置きたいとの思いで記述されています。v4の公開に当たって、フレームワークとしての強度を高めることと文書管理をしやすくすることを目的として、v3までは本ドキュメントに含まれていた各概念の詳細な説明や実践の際の指針を、本ドキュメントから分離しました。
Frameworkの記述内容は抽象度が高く、厳密さを重視しているので、はじめての方にとっては少しとっつきにくいと感じられることもあるかと思います。理解を助けるため、必要に応じて過去バージョンを参照し、実践する際の具体的な行動をイメージしながらお読みいただければと思います。
  1. 1.
    Project Sprint の構成や、理解する上で重要な前提・用語を把握する ☞ Introduction
  2. 2.
    Project Sprint の核となる概念や価値観に触れる ☞ Framework
  3. 3.
    過去版を参照し、各概念の詳細や実践の際の指針を把握する ☞ Theories and Practices (v3.3.3)
  4. 4.
    Frameworkを再読し、内容をより深く理解する ☞ Framework (再読)

フィードバックを歓迎します!

Project Sprint は、プロジェクトの現場で得られた実践知のフィードバックを受けることにより、アップデートを繰り返してきました。
  • 不確実で変化の多いプロジェクトが増える中、プロジェクトに関わる人の苦悩を少しでも減らしたい
  • プロジェクトに関わるすべての人が、プロジェクトで自分の能力を最大限活かせるようしたい
事務局のメンバーはそんな思いで、今現在もProject Sprint を進化させるべく、試行錯誤を繰り返しています。
プロジェクトに関わる方それぞれがご自身の実践知をフィードバックしてくださることで、Project Sprint はより使いやすく、多くの人にとって価値のあるものになってゆくでしょう。
どのようなかたちや内容であれ、このメソッドに関心やご意見、共感をお寄せいただけることを嬉しく思います。また、Project Sprintの発展に貢献したいと考えてくださる方も歓迎します。
<フィードバックの方法>
GitHubのDiscussionsへお寄せください。
  • Discussionsとは、GitHubのオープンなコメントシステムです。
  • 入力に当たっては、運用ルール(Operation Rules)をご参照ください。
Stashed changes
最終更新 1mo ago