検索…
How to Contribute
この記事では、Project Sprintにコントリビューターとして参加する方法について紹介します。

まずはじめに

こんにちは、このメソッドの言い出しっぺである 定金 基 / Sadakane Motoi @motoiです。 普段は株式会社コパイロツトという会社で様々なプロジェクトの推進サポートを仕事にしています。
Project Sprintは、定例ミーティングで取り組みの成果を共有して環境への認識を揃えることを繰り返し、プロジェクトチームが進化するプロジェクトゴールを自律的に達成しつづけるためのメソッドです。 Project Sprintは、CC BY-SA 4.0ライセンスで提供されるオープンなメソッドで、コントリビューターと呼ばれる有志のユーザーによって定義 / 改善を繰り返してかたちづくられています。 この Project Sprint プロジェクト ならびに GitHubリポジトリ では、Project Sprint の思想に共感いただき、一緒にメソッドをアップデートしてくれる仲間(=コントリビューター)を募集しています。

Project Sprint 公開に至る経緯

このメソッドは株式会社コパイロツトのミッションと、そのミッションにのっとったノウハウの公開がきっかけになっています。 私の勤める株式会社コパイロツトは、「プロジェクトの推進で失敗する人を減らし、自分の能力を活かして楽しく働く人を増やす」をミッションとして掲げています。 このミッションに基づき、コパイロツト社内のプロジェクト推進の実践知をまとめて公開する。また、このメソッドは世界中の色々なものを参考にさせていただいているので、公開することで自分たちなりに世界に何かを還元し貢献したい。 こんな流れで Project Sprint というメソッドをつくり上げましたが、それはきっかけでしかありません。 現在では、メソッドに共感してくれる社外メンバーも一緒にこのメソッドを進化させています。

Project Sprint がオープンになることでどんな社会を目指しているのか

いま社会は素早く多様に変化をつづけており、それにともない組織やプロジェクトの目的が変化しつづけています。それにともない働き方もプロジェクトベースにシフトしています。 そんな社会、組織、プロジェクトの動きに追従できるプロジェクトを推進するメソッドが存在することで、プロジェクトに携わるすべての方々が、安心してプロジェクトにコミットできる状態を作ることができるのではないか、とコントリビューター一同は考えており、日々メソッドを練り上げています。 この思想に共感いただける世界中のメンバーでメソッドをアップデートしていくことによって、みんなでプロジェクトが推進できる社会になるとよいなとおもっています。

GitHub経験値は問いません。誰でもご自分に合った方法でご参加ください!

コントリビューターとして参加するにあたり、GitHubに習熟している必要はありません。このメソッドいいな!と共感いただける方であれば、誰でもどんな方法でも安心してご参加いただき、ぜひご一緒にメソッドを進化させていけたらとおもいます!
私自身、今回のプロジェクトで初めてGitHubをきちんと利用し始めたので、よちよちと参加しています。 ですが、熟練のコントリビューターが優しく手助けをしてくれますので、GitHubをこれから覚えるぞ!という方も、どんどんご参加いただければと思います。 また、私のようにGitHubがまだまだわからない、カルチャーがよくわからない、という方でもご参加いただけるように、GitHubを直接利用しなくても参加いただける方法を用意しています。
もちろん、存分にGitHubを使いこなしているかたもお待ちしています!

GitHubを通じた参加方法

言語について

GitHubリポジトリでのディスカッションは日本語で行われます。将来的にリポジトリ内のドキュメント群について英語版が整備された後、英語でのディスカッションが可能な運用体制をつくる予定です。
Project Sprint is the methodology for a diverse and cross-functional teams to drive projects that produce complex outputs in highly uncertain environments and situations. The source code for the Project Sprint is hosted on Github and uses a service called GitBook for publishing its documentation. Discussion in the GitHub repository should be done in Japanese until English version of documents are made. However, if you have any questions, opinions or anything else though you cannot use Japanese, please contact @KokoroKagawa in English.

コントリビューター規範

Pull Requestによる参加

GitHubの画面右上にあるForkボタンをクリックすると、ご利用のGitHubアカウントに紐付いた本リポジトリのコピーが作成されます。このコピーのことをフォークと呼びます。フォークリポジトリの中ではお好きなように変更を加えていただいて構いません。加えた変更をこのリポジトリに追加したい任意のタイミングにて、フォークリポジトリからPull Requestを作成してください。
Pull Requestが作成されると、コントリビューターの中のレビュー担当者が責任を持って明確かつ実用的なフィードバックを返します。 Pull Requestの作成者が、ご自身の役目としてフィードバックに対応してください。 また、状況によっては2人以上のレビュー担当者からフィードバックが返されたり、アサインされていないレビュー担当者からのフィードバックが来ることがある点もご注意ください。
レビュー担当者はおよそ1週間に1回の頻度でフィードバックを提供できるように最善を尽くしますが、これは状況に応じて異なる場合があります。

Issueによる参加

Issue一覧右上にあるNew Issueボタンから、新しいIssueを作成し、このリポジトリに関するあらゆることを自由にディスカッションすることができます。
議論されることとしては、例えば、
  • Project Sprint のウェブサイトで示されているProject Sprintに関する記述内容
  • Project Sprint のウェブサイトそのものに関する質問事項(デザインやリンク構造など)
といったことがありますが、こうした内容に限らず、自由にIssueを立てることができます。
Issueを作成する際には、タイトルと本文は必ず記載するようにしてください。Assignees、Labels、Projects、Milestoneといった項目は、事務局やIssueの対応担当者によって設定されるため、記入の必要はありません。
Issueが作成された後、そのIssueに対応するべきかどうか、その理由、対応するならばその進行方法、対応すべき期日について事務局が検討します。必要であれば、Issue作成者と会話しながらこれらの点を決定していきます。

変更内容の反映

Pull RequestやIssue上での議論を経て加えられた変更内容は、定期的なタイミングでProject Sprint のウェブサイトに反映されます。
変更箇所はリリースノートに記載されるほか、Slackのユーザーコミュニティ の #04_SGMs/PJS_リリース情報 チャンネル内でもアナウンスされます。

GitHub上での相談相手

相談したい内容
相談相手の GitHub Username
projectsprint.orgに記載されている文章に関すること このリポジトリにおけるGitHub運用に関すること
projectsprint.orgに記載されている図表に関すること projectsprint.org のサイト仕様に関すること
コントリビューター行動規範に関すること
@KokoroKagawa(コミュニティーリーダー)
そのほか、どうしたらよいかわからないことすべて
@motoi

GitHub以外の参加方法

ユーザーコミュニティやミートアップなどへの参加案内

このGitHubリポジトリのほかにも、Slack上の自由参加のユーザーコミュニティを通じてProject Sprintのコントリビューターと会話することができます。Project Sprintに関する最新のアップデート情報を知ったり、このメソッドを導入しようとしている人たちとディスカッションをすることができます。
ユーザーコミュニティ https://projectsprint.slack.com/ の #project_sprint チャンネル内
ユーザーコミュニティのユーザー登録はこちらから行えます。
また、ミートアップ開催情報もこのユーザーコミュニティを通じて案内されます。このミートアップでは、他のコントリビューターたちと直接話してディスカッションをすることができます。
最終更新 24d ago